【でらAR活用事例】観光フリーペーパーの発行者様必見!

受注単価アップ! ARで付加価値の高い紙面づくり

 企画会議や出稿主様とのお話でこんな声はあがりませんか?

 ①読者の目にとまる紙面づくりがしたい...
 ②掲載したい写真がいっぱいあって選べない...
 ③イベントや観光地の魅力がもっと伝わる方法はないかな...
 ④紙面に臨場感を持たせたい...
 ⑤紙面をみた読者にWEBサイトも見て欲しい...
 ⑥集客につながるキャンペーンと連携させたい...

 スマートフォンアプリのARコンテンツを利用した紙面づくりを行うことで、記事の注目度、情報伝達力、情報発信量、集客効果を高めることができます。
 紙面が提供する機能・価値が高まり、受注感度、受注単価が向上し収益を高めることができます。

ARコンテンツを利用した紙面づくりで解決!

 ①読者の目にとまる紙面づくりがしたい...
    →情報を深堀りするわくわく感をARで演出 = 注目度アップ
 ②掲載したい写真がいっぱいあって選べない...
    →1枚の写真スペースで最大10枚の写真を掲載可能 = 情報発信量アップ
 ③イベントや観光地の魅力がもっと伝わる方法はないかな...
    →紙面と連動させた動画コンテンツ = 情報伝達力アップ
 ④紙面に臨場感を持たせたい...
    →写真と音で読者のイメージを膨らませる = 情報伝達力アップ
 ⑤紙面をみた読者にWEBサイトも見て欲しい...
    →アプリのリンク機能でWEBサイトへ誘導 = 集客効果アップ
 ⑥集客につながるキャンペーンと連携させたい...
    →アプリのSNS共有機能でSNSプロモーション = 集客効果アップ

媒体の持つ力をARでさらに引き出す

 ARアプリを活用することで、既存のリソースを活かし、限られたスペースから最大限の情報発信が可能です。
 また、ビジュアルや文章での紙面づくりに加えて、ARで楽しむことが出来る仕掛けづくりをすることで、読者の好奇心・探究心を刺激し、情報収集の感度を向上させ、集客効果を高めます。

 ARを利用した紙面づくりのご相談は『でらAR』まで!