【COCOAR活用事例】ARフォトフレームでオリジナルのARバレンタインカード!

こんにちは、バズ・プランニング一のお祭り好き、フェスティバルたかぎです。

2月です、バレンタインがもうすぐですね。
チョコをくれるのはいつも母親だけという、イケてない男子にはあるあるのバレンタインを過ごしてきたフェスティバルたかぎですが、今回はバレンタイン企画でCOCOAR2を使ったプロモーション事例があったので、涙をこらえてご紹介します。

ARをプロモーションに取り入れたいとお考えの方は参考にしてみてくださいね。

松屋銀座「GINZA バレンタイン アベニュー」:ARフォトフレーム

東京・銀座にある百貨店「松屋銀座」のバレンタインフェア会場に、COCOAR2で楽しめるフォトスポットが誕生しました。

松屋銀座では2018年1月31日(水)から2月14日(水)の期間、バレンタインフェアを開催中です。

8階イベントスクエア「GINZA バレンタイン アベニュー」には、会場で販売されている人気店のショコラスイーツや試食用に買ったチョコをその場で食べることが出来るイートインスペース「チョコ部屋」が設けられています。

チョコ部屋には、本物のチョコで作られたオブジェも展示されているのですが、なにより床や壁など部屋全体がチョコ(模型やイラスト)になっていて、まるで自分が小さくなってチョコの世界に紛れ込んだような気分が味わえます。

このチョコ部屋には仕掛けがあって、壁にある「MATSUYA GINZA ハートマーカー」を無料のARアプリ「COCOAR2」でスキャンすると、画面にたくさんのハートとエンジェル、そしてバレンタインのリボンが出現し、フォトフレームとしてオリジナルの「ARバレンタインカード」が撮影できるようになっています。

ARバレンタインカードは、現実に作られたチョコ部屋にARで装飾を加える、まさにAR(Augmented Reality:拡張現実)な企画です。

 

フォトジェニックスポットに華を添えるAR機能を解説します

ARバレンタインカードでは、チョコ部屋の壁にある「MATSUYA GINZA ハートマーカー」が、アプリでARフォトフレームを呼び出すキッカケ(※ARマーカー)になっています。

COCOAR2で「MATSUYA GINZA ハートマーカー」をスキャンすると画面にARフォトフレームが現れ、アプリの機能で録画や撮影ができます。

撮影画面にはリンクボタンも表示されており、イベントページなどへの導線づくりがされています。

バレンタイン商戦のメインターゲットともいえる若い女性は、SNS映えするフォトジェニックなものを求めている人が多く、今回の銀座松屋のバレンタインフェアではその辺りが強く意識されています。
販売されている商品もフォトジェニックな物が数多く品ぞろえされていますが、それだけでなく、チョコ部屋+ARバレンタインカードでフォトジェニックな空間を作ることで、集客効果や販促効果を狙っているのではないでしょうか。

松屋銀座のバレンタインフェアでは、昨年も、自分が登場するバレンタインマンガを作ることができる「マンガサイネージ」という体験型の企画が行われています。
最近では、バレンタインチョコを自分用に購入する人も増えており、”他人のためで”はなく”自分のため”に会場に足を運ぶ人も増えています。
そんな人たちに、自分が体験できる空間を提供することが会場での満足度や来店動機に繋がります。

ARバレンタインカードは体験できるだけでなく、現実空間に装飾を加え、フォトジェニックな空間をさらに”盛れる”、”SNS映え”した企画となっています。

ARの制作に必要なものは? 費用は? - このAR、意外と簡単に作れます! –

今回ご紹介したようなARフォトフレームは、弊社のARサービス『でらAR』なら、簡単に作ることができます。

ご用意いただくものは、コンテンツとなる画像ファイルとマーカーとなる画像ファイルだけ。
あとは、コンテンツタイトルやリンクボタンなど、アプリへ表示する内容を弊社でご用意するシートにご記入いただくだけでARができあがります。

フォトフレームのコンテンツとなる画像は、背景を透明にしたPNGファイルかGIFファイルが使用できます。動きを持たせたGIFアニメも使用できます。
複数の静止画をスライドにする場合も、通常の画像ファイルを個別にご用意いただくだけで大丈夫です。

<お客様にご用意いただく物>
 コンテンツとなる画像ファイル(PNGまたはGIF)
 マーカーとなる画像ファイル(JPEGまたはPNG)
 COCOAR2登録項目確認表 ※弊社でご用意するシートにご記入ください

費用については条件によって異なりますが、今回の企画のAR制作費用を下記条件で見積りしてみました。

<AR制作の条件>
 AR利用期間:1ヶ月
 利用マーカー数:1
 利用コンテンツ数:1
 その他:リンクボタンの設置
 ご希望により対応可能:コンテンツ切り替え(月4回まで無料)
            プッシュ通知(月1回まで無料)
            ログ情報(期間内アクセスログ)
            COCOARニュースへの掲載

※コンテンツデータとマーカー画像はお客さまで制作・ご支給ください。
※データ作成は別途費用にて弊社で承ることもできます。

<AR制作の費用>
でらARでの制作 概算:9,800円(税抜)

どうですか?今回の事例紹介は参考になりましたか?

AR制作の費用は企画によっても様々です。
あなたの条件に合わせてお見積りをいたしますので、下記フォームからご連絡ください。
記事へのご意見もお待ちしています。

でらARお問合せフォーム

■関連ページ

2.14 St.Valentine’s Day | 松屋銀座 

松屋銀座に巨大板チョコの部屋、出現! ARバレンタインカードでハッピーシェアも!|株式会社松屋のプレスリリース